てんかん発作を起こした人に遭遇した場合の対処法

てんかん発作を起こした人に遭遇した場合の対処法

てんかん発作というのは前兆がなく、突然起こることがほとんどなので、自分では対処することはできません。
そのため周りの人の対処法が重要なカギを握ります。

先ずけいれんを起こしている人を見た時には、そのけいれんが、体全体で起こっているのか?また体の一部で小さなけいれんなのかを把握することが大切です。

もしも小さなけいれんの場合は、意識はないことも多いですが、呼吸などには影響がないので、命の危険性は少なくなるからです。

反対に大きなてんかん発作の場合は注意が必要ですね。
それは呼吸がとまったりする可能性もあるからです。

そのようなてんかん発作に遭遇した時には、まず安全確保をすることが第一です。
安全確保をするということは、てんかん発作による二次障害を防ぐということにつながります。

例えばシチュエーション別の対処法を見てみましょう。
入浴やプールのときにけいれんが起こった場合は、まず水の中から出すということが重要です。

それは溺れてしまうことを防ぐためです。
入浴中の場合は、浴槽が高くすぐにあげることが出来ないこともあります。

その場合は、おぼれないように見守っておけばいいでしょう。
プールでは誰か応援の人をすぐに呼ぶ、またみんなで引き上げるということが重要です。

室内での安全確保は、転倒による外傷を防ぐこと。
たとえば転んだ時にガラスに突っ込んだりすると切れて出血をすることもあります。

路上でけいれんが起きた時も同様ですね。
また頭部を打撲すると脳内出血につながることもあります。

そのためけいれんが起きたら、まずは横に寝かせる、そして周りの危険なものを退けるということが大切です。

食事中の場合は、食べ物が口の中にたくさんあると、窒息の原因になります。
その場合は顔を横に向けた状態で窒息しないように横にさせましょう。

運転中にけいれんが起きた場合が一番危険です。
ほかの車を巻き込んで事故を起こす可能性があるからですね。

その場合は、急いで車を停止し、事故を起こさないようにすることが大切です。

てんかん発作中の人にしてはいけないことについて

てんかん発作を起こした人を見た時、まず刺激を与えないようにすることが一番重要です。
てんかん発作というのは、つまりけいれんを起こしているということです。

けいれんを起こしているときに刺激を与えると、更に脳に刺激が加わってしまうこともあります。
特に強く揺さぶって声をかける、意識を確認するということはしない方がいいですね。

またけいれんを起こしている本人は、まったく意識がない状態であるため、呼びかけられても反応することができません。
そのため刺激を与えずに見守ることが大切です。

そしてけいれん中には、歯を食いしばり、まったく息をしていないようなこともありますが、その際に口の中にものをいれたりしないようにしましょう。

歯を食いしばる力はとても強いので、噛み切ったり折れたりする可能性があるからです。

またてんかんの知識がない人は、けいれんを起こしているときに、落ち着かせようとして水などを飲ませようとする人もいます。

しかしながら口の中に水などを入れてしまう誤飲という可能性もあるので、それはしてはいけません。

食事中であると、口の中に食べ物を入れていることもあるかもしれません。

周りの人はそれを見ていると「窒息しそう!」と心配になるかもしれませんが、二次災害を防ぐために、それをかきだそうとしてはいけません。

それは介助をする人の手をかみ切られる可能性があるからです。

またけいれんを起こした場所を把握することも大切です。

もしも室内で安全な場所ならばいいのですが、路上である、プールである、運転中であるという時には、そのままであると危険が伴います。

そのためそのまま放置してはいけません。
少しでも安全な場所に避難をさせるべきなのです。