てんかん患者でも免許を取得することは出来る?

てんかんの症状は様々で、手足が突っ張り気味になるような軽度のものから、動きが止まってけいれんが起きたり、意識を失ったりするような重度のものまで色々なものがあります。

そして、てんかんになると、このような症状が繰り返し起こることが多いので注意が必要です。

このような症状が出るてんかん患者は、以前は免許を取ることができませんでしたが、2002年の道路交通法の改正によって、自動車の安全運転に支障がないことが承認されれば免許取得が可能となりました。

ただし、この場合の条件としては、医師による診断書が必要となります。

てんかん患者でも免許が取れる条件としては、発作が過去5年間起こったことがなく、医師が「今後発作が生じるおそれがない」という趣旨の診断を行った場合が挙げられます。

また、運転に支障をきたすようなてんかん発作が過去2年間起こらず、医師が「今後x年程度であれば発作が起こる可能性がない」という趣旨の診断を行った場合も、この条件を満たすことになります。

さらに運転に支障をきたす発作が2年間発生することがなく、医師が1年間の経過観察の後に「発作が意識障害及び運動障害を伴わないような単純部分の発作に限られ、今後症状が悪化するおそれがない」と診断した場合もこの条件に当てはまります。

そして、医師が2年間の経過観察の後に「発作が睡眠中に限って起こり、症状悪化のおそれがない」と診断した場合も、てんかん患者は免許を取得することが可能になります。

以上のように、現在のてんかん患者は、条件を満たせば大型免許と第2種免許以外の自動車の免許が取れるようになりました。

ただ、その一方で免許取得の際に必要な申告を行わず、虚偽報告の形になって事故を起こす可能性も出てきています。

てんかんの場合には、車やバイクを運転中に発作が出た場合は正常な運転ができにくくなり、運転する本人も周囲の人達も危険になるので、条件を満たした上での免許取得が必要になってきます。

京都祇園軽ワゴン車暴走事故の問題点と改善点とは

てんかんの症状がある運転手が起こした事故として有名なのが、「京都祇園軽ワゴン車暴走事故」です。

これは2012年の4月に、観光客で賑わう京都の祇園で信号待ちをしていた歩行者らの間に軽ワゴン車が突っ込み、運転手を含む8名が死亡し、12名が重軽傷を負った事故で、その原因に関して警察が調べた結果、てんかんが原因であるということになりました。

この運転手はバイクで交通事故を起こして脳挫傷になった後に、てんかんの発作が出るようになりましたが、そのことを報告せずに免許を更新し、2012年になって2度、意識消失の発作が生じたと言われています。

そして、家族や医師が運転を止めるように忠告したのにそれを受け入れずに運転を続け、このような事故を起こすことになってしまいました。

京都祇園軽ワゴン車暴走事故は、てんかんに関わる多くの人にショックを与えたようですが、特に日本てんかん協会では、これをきっかけにして、痛ましい事故が起きないための対策を実行に移しています。

日本てんかん協会は、適切な治療を行うように援助や助言を行うようにしたり、虚偽報告によってではなく、法律に従った形で運転免許を習得するようにと、啓発ポスターを作製して医療機関などに配布しています。

また、京都祇園軽ワゴン車暴走事故の問題点として、虚偽報告やてんかんの申告をしないなど、法律に違反したことへの対策が十分ではなかったとする意見もあり、2014年には、新しい法律ができました。

それによれば、自動車を運転する場合、走行中に正常な運転に支障が生じる可能性のある状態で運転を行い、その病気の影響で事故を起こして被害者が死亡した場合は、1年以上20年以下の懲罰が加えられることになりました。

以上のように、てんかん患者が条件を満たせば自動車の運転免許を取ることは可能ですが、京都祇園軽ワゴン車暴走事故のように、免許取得の際に法律を守ることの必要性を十分に納得させられない場合には大きな問題となってしまいます。

そのため、今後はその大切さと運転手の責任について強調していくことが、この種の問題の改善につながることと考えられます。