てんかんの診断はどのような検査を行なう?

てんかんの診断はどのような検査を行なう?

てんかんは発作を繰り返す脳の病気です。
発作は脳神経の電気信号の乱れや興奮によって起こると言われています。

人間が物事を考え、処理し、動きに影響を与えるのは脳での電気信号のやりとりによって行われます。
それが正常ではない動きをすることでけいれん発作が起きるわけです。

その診断には、まず脳波検査が行われます。
脳波は脳の神経細胞が出す電流で、それを記録することで発作波と呼ばれる波形があるかどうかをみます。

一時的な検査では判断がつかず、何度か行ったり、長時間記録ビデオ脳波モニター検査という入院して行うタイプの脳波検査を行うことがあります。

この検査は特殊なため、専門病院でなければ行えません。

そのほか、画像検査も行います。
画像検査はてんかんなのかそれ以外の病気でてんかん発作に似た症状が出ているのかを鑑別するのに重要です。

まず、CT検査によって外傷の有無や、血管の異常などをみます。
CT検査の場合、患者は検査台にあおむけで寝ているだけでいいので、比較的簡単に行われます。

次に多く行われるのがMRI検査です。
MRI検査ではてんかんが起こる焦点の診断が可能です。

そして、SPECT検査を行うことがあります。
この検査は放射性医薬品を体内に投与して行う画像の検査です。

SPECT検査では脳の血流量をみることができ発作が起こっているときの血液の流れを調べることが可能です。

これらさまざまな検査方法に加え、重要なのが問診です。
特に発作が起きているときは本人がわかっていないことが多く、どんな経緯でどんな発作だったのか見ていた人の情報も有益となります。

てんかん発作はいつ起こるかわかりません。

比較的軽い痙攣発作でも、食物を食べているときに起こって窒息を起こしてしまえば死につながります。
発作が起きていないから大丈夫というわけではありません。

また、てんかんは先天的な病気と診断されている人のほか、何か外傷がきっかけで起こる症候性てんかんというケースもあります。
誰もがかかりうる病気なのです。

てんかんの疑いがあればすぐに検査をするべき理由

てんかんと診断されると一生、治療薬を飲み続けることになります。
発作がいつおこるかわからないからです。

発作の危険性は先にも述べましたが、発作が起こる状況によっては窒息を起こし、それが命とりとなる場合もあります。
しばらく休めば落ち着くと安易に考えるのは禁物です。

交通事故にあった経験など頭を強く打っていたり、外傷により脳外科などにかかっていた人の場合、症候性てんかんを起こす場合があります。
早めに病院で相談するといいでしょう。
そのほか、意識消失や手足の痙攣があった場合は、てんかん発作の可能性があります。

また、小児にみられる熱性けいれん、失神、心因発作はてんかん発作と似ており、間違われやすいものですが、発作の経緯を報告するなかで原因が発覚する場合もあります。

原因が違えばもちろん治療に関する方法も異なります。
小児の場合はまず小児科で相談してみるのがいいでしょう。

そのほかCT検査でてんかんだと思っていたのが脳腫瘍だったというように別な病気が発覚されることがあります。

高齢者の場合は、脳卒中やアルツハイマーが原因の場合もあります。
このように他の病気の早期発見にもつながりますので、疑わしきはまず検査をお勧めします。

てんかんだと診断されてもそれに伴う治療を行っていれば、通常の日常生活を送ることができます。

かつては、女性の妊娠・出産は無謀と思われていた時期もありますが、結婚して子供を生み、きちんとした社会生活を送っているてんかん患者の方もいます。
またきちんと検査をしてもらうことで、より深刻な病気を早期発見できる可能性もあります。
目がちかちかする、手足のけいれんが起こるなどなにか疑わしいことがあれば、検査をすべきです。